VHSの歴史について

家庭でテレビを録画するときに使われていたVHSビデオデッキ。今ではほとんど見かけることがなくなりましたが、以前は一般家庭では当たり前に使われていました。そんなVHSの歴史について触れてみたいと思います。


■VHSの誕生とベータマックスとの規格戦争

VHSは、1976年に日本ビクター(現在はJVCケンウッド)が開発した規格です。VHSは「VIDEO HOME SISTEM」の頭文字を取ったもので、VHSビデオデッキは文字通り家庭用ビデオの再生・録画機能を持ち合わせていました。発売当初の価格は25万円程となっており、別売りのタイマーを購入すれば留守番録画も可能でした。また、VHS用の録画テープも120分で6,000円となっていました。VHSが発売される以前の1975年、ソニーがベータマックスという別規格を発売しており、ベータ方式とVHS方式の激しい規格戦争が繰り広げられました。しかし録画時間が長く、ソフトの品揃えが豊富なことからVHSは世界中で人気になりました。

■VHSの衰退

しかし、1990年の後半になりDVDや高画質のブルーレイディスクが登場すると、VHSの人気は急速に弱まりました。VHSをDVDダビングするために、DVDレコーダーも備わったモデルが発売されましたが、VHSの人気の低下は加速する一方でした。また、地上波テレビが完全にデジタル方式になると、アナログのVHSではそのまま録画することが出来ないことから、その不便さが更にVHSの需要を低下させ、生産終了に追い込みました。

■DVDダビングならお任せください

そんなVHS用のビデオテープを今でも大切にお持ちの方も多いと思います。自宅に何本もありかさばっているため、何とかしたくても簡単には捨てきれないというジレンマに陥っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなお悩みを抱えている方は、当社でDVDダビングをご依頼ください。劣化してしまったVHSビデオテープを綺麗にDVDへダビングいたします。気になるのがお値段だと思います。それに、送料が掛かってしまうなら近くのお店に任せた方がいいとお考えになるかもしれません。しかし、4本以上のご依頼で往復送料無料になりますので、お近くのお店でご依頼されるのと変わりません。また、120分以内のVHSビデオテープのDVDダビングなら800円と格安価格になっていますので、とってもお得にDVDダビングが実現出来ます。ぜひご利用いただきたいと思います。

*

VHSビデオテープ(DVDへダビング)※120分以内

販売価格(税込): 680 円

VHSビデオテープ(DVDへダビング)1本800円の特別価格

8mmビデオテープ(DVDへダビング)※120分

販売価格(税込): 680 円

8mmビデオテープ(DVDへダビング)1本800円の特別価格

MiniDVビデオテープ(DVDへダビング)※120分以内

販売価格(税込): 680 円

MiniDVビデオテープ(DVDへダビング)1本800円の特別価格

Betaビデオテープ(DVDへダビング)※120分以内

販売価格(税込): 680 円

Betaビデオテープ(DVDへダビング)1本800円の特別価格

カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です